ワーキングホリデーに行くのですが、語学学校へ短期留学するべきですか?

笑顔でパスポートを手にする女性

入国直後の住居の確保、語学力のアップや情報収集のためなど語学学校への短期留学はメリットが多いです。

年齢制限がありますが、ワーキングホリデープログラムを利用すれば留学費用を負担せずに海外で長期生活をすることが可能です。

一年間留学をしようとすれば少なくとも300万円以上の費用がかかりますので、予算に限りのある方が長期滞在するにはありがたい制度です。

ワーキングホリデーに行く人の多くは、入国後に短期で語学学校へ通うことが多いのですが、その理由は何でしょうか?

語学学校へ通うメリット

ワーキングホリデーに行く国の言語をマスターしていれば語学学校へ通う必要はないでしょう。「ちょっと自信が無いな」と感じるのであれば、迷わず語学学校へ入学することをおすすめします。

そのメリットには次のようなものがあります。

  • 入国後の滞在先を確保できる
  • 仕事をするための最低限の語学力が身につく
  • 今後の生活のための知識やノウハウを学べる
  • 現地人のみならず世界中からの知り合いができる

ワーキングホリデーで最も不安なのは入国後の生活のスタートです。語学学校を通じてホームステイなどの滞在先を確保しておけば、寝食という最低限の部分は問題なく始めることができます。

語学学校へ通う期間は?

ワーキングホリデーの場合は、入国後から4週間~12週間を語学学校に費やす人が多いです。その間に、面接に合格して仕事をこなせるだけの語学力を習得できますし、現地で知り合った人々から住居や仕事の情報を得ることもできます。

まずは出発前に4週間程度の申し込みを完了させておき、現地での生活を始めてから語学力アップのペースに合わせて語学学校の期間を延長する方法も考えられます。

一度申し込んだ期間を短縮することはできない場合が多いですが、延長は気軽に受け入れてくれることがほとんど。この方法でしたら、費用を最小限に抑えることができます。

ワーキングホリデーは現地で仕事をして収入を得ながら長期滞在できることが魅力。少ない予算で出発する場合には、なるべく早く仕事を見つけて働きたいですよね。

そのための語学力アップや情報収集のために語学学校への短期留学がおすすめです。入国直後の住居を心配しなくていい点も大きなメリットです。

関連記事

思い悩む 女性

短期留学をする意味がないと聞いたのですが実際にはどうなのですか?

自由の女神像がある風景

英語圏で短期留学ができる場所はどんなところがありますか?

面接を受けている男性

短期留学は就活でアピールポイントとして有利に働くでしょうか

腕を組む眼鏡をかけた男性

短期留学を考えているのですが語学学校の選び方を教えてください。